« こんなにあるんだ… | トップページ | でかっ »

2004.11.06

ふろんとえんどぷろせっさ

FEP、フロントエンドプロセッサ NECのPC98でパソコン通信をやっている頃、かな漢字変換ソフトの事をFEPと呼んでいた。現在ではIMがいいのかな?
そのパソコン通信の頃からFEPにはATOKを使っていた
現在でもATOK(現在使ってるのは17)を使っている
職場の自分のマシンにも導入している

だがしかし…(駄菓子菓子じゃなくて…(^^; )職場の環境では、どーやってもMSのIMEを使わなきゃいけない状況が発生する
多少なりとも辞書学習させるコトができる環境ならいいのだけど、そうもいかないのが現状
打ち間違い時のエスケープキーの扱いとか、変換時の単語の区切り位置の変更とかの扱いがまるで違うし、そもそもIMEって頭悪い(変換パターンが悪いって意味ね…って昔からの人は頭悪いで通用しちゃうよね(^^; )

ここ数日、テキスト入力が大量に発生 しかもこのIMEしか使えない環境で…
かな漢字変換ソフトは、使い慣れたペンと同じ
どんな所でも使いたいのですよ
何とかできないかなぁ…

|

« こんなにあるんだ… | トップページ | でかっ »

コメント

私はOAK(今はJapanistか)でないと生きていけない人です(笑)

職場のノートはエミュレーターが入っている関係か、OAKが入っているので助かっているのですが、リプレースかまされたりしてなくなったらどうしよう(^_^;)
今はOASYSもWORDに乗り換えろ指令が出ているし

投稿: 文野英人 | 2004.11.10 03:26

以前職場に入っていた業務用ワープロ機はOASYSだったんで、OAKには慣れ親しんでいたんですけどねぇ…
ローマ字変換の時は、Xのキーで「ー」が出るのは他のも見習ってほしい所かなぁ、と
#現在その名残で、Xを変換すると「~」が出るように辞書学習させてあったり…(^^;

投稿: 晃之介 | 2004.11.10 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15174/1877028

この記事へのトラックバック一覧です: ふろんとえんどぷろせっさ:

« こんなにあるんだ… | トップページ | でかっ »